<< ルドゥミラ・イジンツォヴァーなどの挿絵本などを4冊UPしました。*prev
アロイス・ミクルカなどの絵本を4冊UPしました。 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | 【固定リンク】 | - | -
 
 

ファンタスティック!チェコアニメ映画祭2007-2008

11月17日よりユーロスペースと吉祥寺バウスシアターで『ファンタスティック!チェコアニメ映画祭!』が開催されます。横浜、金沢、名古屋など全国で順次ロードショーされる予定。予告編ではプログラム作品の一部を見ることができますよ。ブジェチスラフ・ポヤルの大人かわいい人形アニメーションや、『チェコ絵本とアニメーションの世界展』でも絵本の原画などが紹介されたアドルフ・ボルンやイジー・シャラモウンなどのほろ苦い2Dアニメーションも紹介されます。プログラムが、ガーリー、アニマル、ビタースイート、ナンセンスと4つに分かれているので、コアなチェコアニメ好きは勿論、チェコのアニメーションを見たことがない方でも興味があるプログラムから気軽に楽しめると思います。今回もチェコ絵本でお馴染みの作家さんが美術を担当しているアニメーションが多数上映されますので、絵本好きな方も是非チェックしてみてください。

【公開情報】
【劇場情報】

【公開メモ】

▼ファンタスティック! チェコアニメ映画祭
▽会期:11月17日[土]より順次、全国巡回。
▽劇場:ユーロスペース,吉祥寺バウスシアター
その他の劇場については【劇場情報】
▽予告編:ファンタスティック!チェコアニメ映画祭
▽プログラム:
Aプログラム【ガーリープログラム】
Bプログラム【アニマルプログラム】
Cプログラム【ビタースイートプログラム】
Dプログラム【ナンセンスプログラム】
公式サイト:ファンタスティック! チェコアニメ映画祭

大好評のうちに幕を閉じた『チェコアニメ映画祭2006』。この続編ともいえる今回は1989年以前の国営時代に作られたアニメーションに、スポットを当てて上映します。この時代は、共産時代の社会統制下でありながらも、国営アニメスタジオ(現クラートキー・フィルム・プラハ)は、市民、特に子どもたちに夢を与える作品を豊富に制作していました。いわばチェコアニメの黄金期。アニメという限られた表現の中、アイロニーや風刺、ユーモアと普遍的なヒューマニズムを、あふれんばかりのアイデアとテクニックで歌い上げ、そのファンタジックな世界は見るものを魔法仕掛けの世界へトリップさせてくれます。

またこの時代のスタジオは、表現への規制はあったものの、クリエイターにとっては良質の作品作りへのこだわりを存分に発揮できる夢の聖地でした。それゆえ、アニメーションにはグラフィックや画家として一流のアーティストたちが美術監督に多数起用されています。宙に舞う曲芸やスピード感、ビスケットで作ったアニメなど、1つ1つコマ撮りをしたとは思えない、豊かな動きや美術演出の美しさは今では再現不可能なクオリティです。そして各作品は恋愛体質のピエロ、超わんぱくネコ、主人よりも賢いイヌ、妄想好きのダメ男など、身近すぎて憎めないキャラクターが溢れんばかりに登場し、今もなお人生や愛の意味をそっと教えてくれるのも心憎いところ。

ぼくらと遊ぼう!』などで日本でもおなじみ、チェコの最年長アニメーター、ブジェチスラフ・ポヤルの独創性高い人形&2Dアニメーションから、画家、そして子ども向けアニメーションでも世界的に評価の高い、アドルフ・ボルンやイジー・シャラモウンなどの大人向けの味わい深いアニメーションなど32作品/4プログラムで日本初公開!
(『公式サイトのIntroduction』より)

【関連情報】
▼チェコアニメカメラ【ファンタスティック!チェコアニメ映画祭公開記念】




【チェコアニメ関連メモ】
▽チェコアニメ映画祭2006
チェコアニメ映画祭2006のDVD

【関連作家】
▽【アドルフ・ボルン】Adolf Born
▽【イジー・シャラモウン】Jiri Salamoun
▼【イジー・トゥルンカ/イジー・トルンカ】Jiri Trnka
▽【ヴァーツラフ・ベドジフ】Vaclav Bedrich
▼【ズデニェク・スメタナ/ズデネック・スメタナ】Zdenek Smetana
▽【ズデニェク・セイドゥル】Zdenek Seydl
▽【ブジェチスラフ・ポヤル】Bretislav Pojar
▽【ミロスラフ・シュチェパーネク】Miroslav Stepanek
▼【ヨゼフ・パレチェク】Josef Palecek
【チェコの絵本作家一覧】
【チェコアニメ作家一覧】

【関連メモ】
▼ファンタスティック! チェコアニメ映画祭 劇場公開決定!
▽日時:11月中旬頃より
▽会場:ユーロスペースや吉祥寺バウスシアター他、全国順次ロードショー

アニメーションの故郷”、チェコの巨匠たちによる
キュートなキャラクター、夢のオンパレード!
ファンタジックで愉快痛快な、世界最高峰のアニメーションが再び蘇る!


『チェコアニメ映画祭2006』の続編ともいえる今回は、
“チェコのアニメーション黄金期”以前に生まれた作品に
スポットを当てて上映します。

チェコの最年長アニメーター、ブジェチスラフ・ポヤル
の大人かわいい人形アニメを筆頭に、アドルフ・ボルンや
イジー・シャラモウンなどのほろ苦い2Dアニメも日本劇場初公開です!

11月中旬よりユーロスペース、吉祥寺バウスシアター他、
全国順次ロードショー!

(『ART @ ARMZ WEB』より)

【関連ニュース】CINEMA TOPICS ONLINE

チェコアニメ・上映 | 【固定リンク】 | - | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | 【固定リンク】 | - | -
 
 
TrackBack URL:
http://kulicka.jugem.jp/trackback/153
TrackBacks: