スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | 【固定リンク】 | - | -
 
 

お手紙とチェコの絵本展【6/3-6/28@アコラート】

去年の『お手紙と絵本展』に引き続き、今年も6月3日から6月28日まで、恵比寿の雑貨店アコラートさんで、手紙用品店 クロヤギ座さんとチェコの絵本・クリチカによる共同の展示会を開催します。
チェコの絵本・クリチカは日本でも70年代に翻訳版の絵本が出版されていたミルコ・ハナークやアドルフ・ザーブランスキー、イジー・トゥルンカ、オタ・ヤネチェクにスポットを当て、翻訳絵本の原書や関連する絵本、代表作などを出展致します。
現在、上野の国際子ども図書館で開催中の『チェコへの扉』でも展示されている、ミルコ・ハナークの『もりのうた』のチェコ語版、アドルフ・ザーブランスキーの『はる・なつ・あき・ふゆのうた(ゆかいな一年)』のチェコ語版、イジー・トゥルンカの翻訳絵本『ふしぎな庭』の初版、『おじいさんのおくりもの』、『こえにだしてよみましょう』のチェコ語版、『ボヘミアの民話』、『お菓子の小屋』のドイツ語版、オタ・ヤネチェクの『鳥のうたにみみをすませば』のチェコ語版なども展示しております。どれも手にとって見ていただけますので、この機会にチェコ絵本の世界に触れて頂ければ幸いです。

▼お手紙とチェコの絵本展
▽会期:6月3日[火]〜6月28日[土]【※お休み:日・月曜日】
▽時間:12:00〜20:00 最終日は16時迄。
▽場所:アコラート
▽住所:東京都渋谷区広尾1-3-16東陽ビル5F
※DMのデザインは手紙用品店 クロヤギ座さんによるものです。


【展示絵本の概要】
▼【アドルフ・ザーブランスキー】Adolf Zabransky
日本でも翻訳出版された(現在、絶版)『はる・なつ・あき・ふゆのうた』と『まきばのうた』のチョコ語版・初版の原書。ヤン・チャレックやフルビーンの詩にイラストをつけた40年代から50年代の絵本、60年代から80年代の大判サイズの絵本を初版のものを中心に。
▼【ミルコ・ハナーク】Mirko Hanak
日本でも翻訳出版された(現在、絶版)『もりのうた』のチェコ語のALBATORS版とその元になったSNDK版。『青い小鳥』や『動物たちのおしゃべり』のチェコ語版の原書やミルコ・ハナークの代表的な絵本を多数。
▼【イジー・トゥルンカ/イジー・トルンカ】Jiri Trnka
日本でも翻訳出版された(現在、絶版)『ふしぎな庭』の初版、『おじいさんのおくりもの』、『こえにだしてよみましょう』のチェコ語版、『おとぎばなしをしましょう』の英語版、『ボヘミアの民話』、『お菓子の小屋』のドイツ語版。『ほたるっこ』や『お菓子の小屋』の40年代版。40〜60年代のものを中心にレアな大型絵本なども。
▼【オタ・ヤネチェク】Ota Janecek
日本でも翻訳出版された(現在、絶版)『しあわせな王子』の原書、『鳥のうたにみみをすませば』のチェコ語版、『おやすみなさいのうた』の関連絵本、「チェコ絵本とアニメーションの世界」で展示されていた原画のイラストが収録されている絵本など。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
チェコ絵本・イベント | 【固定リンク】 | - | trackbacks(0)
 
 

チェコ関連グッズの一大フェア・Small Village of Czech Culture【池袋・4/25-5/11】

4月25日から5月11日まで池袋パルコ 別館P’パルコB1F特設会場にて、チェコ関連グッズの一大フェアが開催されます。ヤン・シュヴァンクマイエルの「人間椅子」のサイン本(50冊限定)やシュヴァンクマイエルが手がけたオリジナル手ぬぐいといったレアなものから、ジークレー版画やチェコの古絵本、チェコアニメのDVDや音楽CD、日本でも人気のイラストレーター、イジー・ヴォトルバの関連グッズ、木製のおもちゃ等々、チェコにまつわるエトセトラが大集合します。気になる方は足を運んでみてください。

▼チェコ関連グッズの一大フェア 『Small Village of Czech Culture』
▽会期 : 2008年4月25日(金)〜5月11日(日)  11:00〜21:00
▽場所 : 池袋パルコ 別館P’パルコB1F特設会場

《出品アイテム》

Jan Svankmajer

チェコの映像作家にして芸術家。日本ではその映像作品すべてが劇場公開され、
今は亡き妻のエヴァとともに、二回にわたり展覧会を開催しています。
クリエイターはもちろん、いわゆるゴスロリと呼ばれる女性たちにも
絶大な人気を誇るシュヴァンクマイエル。
今回のフェアでは、昨年の展覧会以来発売されていなかったジークレー版画と、
新たに作られた「アリス」のポストカードに加え、オリジナル手ぬぐいが出品予定です。

Czech Animated Film

日本でチェコと言えばアニメーション。シュヴァンクマイエルはもちろん、
トルンカ、ポヤル、ゼマン、ティールロヴァー、クリムトなど、
チェコアニメの歴史を知るには欠かせない監督たちのDVDと、
世界中に多くのファンがいるクルテクのDVDも出品されます。

Music

スメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェクなどを輩出したクラシック音楽の国チェコ。
しかし優れたチェコの音楽はクラシックだけではないということを理解してもらうために、
ジャズ、ロック、フォーク、ポップスなど様々なジャンルのCDを集めました。

Jiri Votruba

プラハを訪れると、チェコゆかりのキャラクター、カフカ、モーツァルト、ゴーレムなどの
イラストをプリントしたTシャツを街のいたるところで見ることができます。
このイラストを手がけているのがイジー・ヴォトルバ。日本でもその人気は高く、
クラシック音楽関連イベントのポスター・デザインを数多く手がけています。
今回のフェアにも様々なグッズが出品されますが、特にオススメなのは
シルクスクリーンのグリーティング・カード!

Picture Book

近年開催された展覧会で、多くの人たちがチェコ絵本の世界に魅了されました。
パレチェク、ハナーク、ラダ、パツォウスカー、ミレル、そしてドイツのミュンヘンに
移住して“ジス・イズ・シリーズ”を作ったサセックなど、日本でも数多くの翻訳が出版されていますが
何と言っても素晴らしいのは社会主義時代に出版された絵本のイラスト。
今回のフェアでは、翻訳新本はもちろん、チェコから輸入されたビンテージ絵本も多数出品されます。

Wooden Toy

近年、徐々にニーズの高まっている木製おもちゃ。チェコの木製のおもちゃは、
その質感とデザイン性、そしてアイデアで、子供たちの感性と創造力を育むだけではなく
親子のコミュニケーションを豊かにする働きを認められています。
お洒落なモビールなどは、部屋を飾るインテリアとしても最適!

Czech Beads

チェコはアクセサリーの宝庫。なかでも、スワロフスキーの祖父が生まれ育った
ヤブロネツで作られるビーズは、ヴェネチアン・ビーズに勝るとも劣らない品質と
優れたデザインで世界中の人々に愛好されています。

Others

文房具、ポスター、爪やすり、ブックマーカー、輸入書籍、レースなど

(『池袋パルコ[イベント]より)
JUGEMテーマ:アート・デザイン
チェコ絵本・イベント | 【固定リンク】 | - | trackbacks(0)
 
 

【チェコへの扉】国際子ども図書館・1/26〜9/7

国際子ども図書館の広報担当の方から資料を送って頂きました。1月26日から9月7日まで国際子ども図書館3階・本のミュージアムにて『チェコへの扉-子どもの本の世界-』という展示が開催されます。チャペック兄弟をはじめ、イラストと文章を手掛けるヨゼフ・ラダ、お馴染みフランチシェク・フルビーンボフミル・ジーハエドアルド・ペチシカが文章を手掛けた作品や、イジー・トゥルンカ、ヘレナ・ズマトリーコヴァー、ズデネック・ミレル、クヴィエタ・パツォウスカーがイラストを手掛けた作品により、チェコの児童文学の歩みを辿る展示になるそうです。
また、しかけ絵本や「もぐら」や「カッパ」などチェコで愛されているキャラクターが登場する絵本などの特別コーナーなどもあり、国際子ども図書館所蔵資料を中心に、約280点の資料の展示になるそうです。
(詳しくは→『展示のお知らせ』)

▼チェコへの扉-子どもの本の世界-
開催期間 平成20年1月26日(土)〜9月7日(日)
会期中の休館日:月曜日、こどもの日を除く国民の祝日・休日
資料整理休館日:毎月第3水曜日
開催時間:午前9時30分〜午後5時
会場:国際子ども図書館3階 本のミュージアム
【入 場 無 料】

チェコの絵本に興味を持ち、夢中で追いかけはじめた頃、チェコ絵本を求めて都内の図書館を渡り歩いていました。国際子ども図書館には絶版になってしまている翻訳絵本は勿論、チェコ語の洋書の数多く所蔵されており大変お世話になりました(ショップをはじめてからもお世話になっていますが。。。)。70年代を中心に良質なチェコ絵本が日本でも数多く翻訳出版されましたが、絶版になってしまいその多くが手にするのが困難な状態です。これらの絵本を図書館で探し出したり所有されている方に見せて頂いているうちに、チェコ絵本への興味はより一層深まっていきました。展示では翻訳絵本とチェコ語の原書を組み合わせて展示されているそうで、チェコ絵本を気軽に楽しめる良い展示になっていると思います。絶版になった知られざる翻訳絵本や数多くの洋書絵本たちと出会いに是非、足を運んでみてください。

【関連イベント】

講演会 平成20年1月27日(日)
テーマ:「チェコ児童文学への招待
講師:村上健太氏

講演会 平成20年4月26日(土)
テーマ:「チェコの子どもと読書」(仮題)



【関連作家】
▽【イジー・トゥルンカ/イジー・トルンカ】Jiri Trnka
【イジー・トゥルンカ/イジー・トルンカ】Jiri Trnka の絵本
▽【カレル・チャペック】Karel Capek
【カレル・チャペック】Karel Capek の絵本
▽【ヨゼフ・チャペック】Josef Capek
【ヨゼフ・チャペック】Josef Capek の絵本
▽【ヘレナ・ズマトリーコバー】Helena Zmatlikova
【ヘレナ・ズマトリーコバー】Helena Zmatlikova の絵本
▽【ズデネック・ミレル/ズデニェク・ミレル】Zdenek Miler
【ズデネック・ミレル/ズデニェク・ミレル】Zdenek Miler の絵本
▽【クヴィエタ・パツォウスカー】Kveta Pacovska
【クヴィエタ・パツォウスカー】Kveta Pacovska の絵本
JUGEMテーマ:アート・デザイン


チェコ絵本・イベント | 【固定リンク】 | - | trackbacks(0)