スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | 【固定リンク】 | - | -
 
 

【DVD】ひなぎく【ヴェラ・ヒティロヴァー】Vera Chytilova

永らく絶版となっていたヴィエラ・ヒティロヴァーの1966年の作品、『ひなぎく』のDVDが9月21日に廉価版で再発売されます。また9月1日よりシアターイメージフォーラムで60年代のチェコアニメと共にリバイバル上映も決定しました。
【9/1-14・渋谷】『ひなぎく』リバイバル上映。60年代チェコアニメも併映。



ひなぎく【DVD/送料無料
▽発売:2007年09月21日
▽販売元: ダゲレオ出版

▼ひなぎく Sedmikrasky
▽監督:ヴェラ・ヒティロヴァー[ヴィエラ・ヒティロヴァー]
▽脚本:ヴェラ・ヒティロヴァ / パヴェル・ユラーチェク
▽撮影:ヤロスラフ・クチェラ[ヤロスラフ・クツェラ]
▽出演:イヴァナ・カルバノヴァー/イトカ・チェルホヴァー
▽製作年: 1966年
▽製作国: チェコスロヴァキア
▽配給: イメージフォーラム

岡崎京子、野宮真貴、カヒミ・カリィ、小泉今日子、Kiiiiiiなど、いつも気になる女子オピニオンリーダーたちが「大好きな映画」と絶賛する60年代女の子映画の決定版。90年代なってようやく公開された、チェコのヌーヴェルヴァーグの旗手、ヒティロヴァーの幻の名作。

金髪のボブにひなぎくの花輪を乗せた姉と、こげ茶の髪をうさぎの耳のように結びレースのショールを首にまとう妹。2人は共にマリエと名乗り、男達を騙しては食事をおごらせ、嘘泣きの後、笑いながら逃げ出してしまう。名前も嘘だし、姉妹かどうかもよく判らない。部屋の中で、牛乳風呂を沸かし、紙を燃やし、ソーセージをあぶって食べる。グラビアを切り抜き、ベッドのシーツを切り、ついにはお互いの身体をちょん切り始め、画面全体がコマ切れにされる。色ズレや、カラーリング、実験的な効果音や光学処理、唐突な場面展開など、あらゆる映画的な手法が使われ、衣装や小道具などの美術や音楽のセンスも抜群。ラストの党のパーティー用の豪華な食事をメチャメチャにするシーンが問題とされ、その後に作った『楽園の味』の評価もあいまって、ヒティロヴァー監督はその後7 年間、映画製作を許可されなかった。ちなみに、ひなぎくの花言葉は「貞淑」を意味する。
(『HMV レビュー』より)

監督はチェコの女流、ヴェラ・ヒティロヴァ、パーヴェル・ユラーチェクの原案をエステル・クルンバホヴァーが脚色、撮影はヤロスラヴ・クチェラ、音楽をイジィ・シュストとイジィ・ジュルトルが担当。出演はイヴァナ・カルバノヴァ、イトカ・チェルトヴァほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)
(『goo映画』より)

【関連画像】
Věra Chytilová: Sedmikrásky

【関連】日本で紹介されたヤロスラフ・クツェラが撮影を担当した映画
▽猫に裁かれる人たち[1963]ヴォイチェフ・ヤスニー監督
▽夜のダイヤモンド[1964]ヤン・ニェメッツ監督
▽ひなぎく[1966]ヴィエラ・ヒティロヴァー監督
▽モルギアナ[1972]ユライ・ヘルツ監督
▽人魚姫[1975]カレル・カヒーニャ監督
▽アデラ/ニック・カーター、プラハの対決[1977]オルドジフ・リプスキー監督
▽ナインス・ハート[1978]ユライ・ヘルツ監督

【関連】
▼チェコ映画のDVD
【チェコ絵本×チェコアニメDVD】セレクトストア

【関連イベント】
【9/1-14・渋谷】『ひなぎく』リバイバル上映。60年代チェコアニメも併映。
▽日時:9月1日より 連日 21:00〜
▽場所:シアターイメージフォーラム
▽プログラム:
・Aプロ: 9月1日[土]〜7日[金]
トルンカ「情熱」、シュヴァンクマイエル「エトセトラ」
・Bプロ: 9月8日[土]〜14[金]
ティールロヴァー「二つの毛糸玉」、ポヤルぼくらと遊ぼう!「おかゆの話」
▽巡回先:梅田ガーデンシネマ、京都みなみ会館、神戸アートビレッジセンター、名古屋シネマテーク、札幌・シアターキノ、福岡など全国各地で順次上映予定。
(『http://columbia.jp/prod-info/XT-2485-6/info.html』より)

チェコ関連情報 | 【固定リンク】 | - | trackbacks(0)
 
 

【8/28・図録】ヤン&エヴァシュヴァンクマイエル展 アリス、あるいは快楽原則

8月25日[土]からラフォーレミュージアム原宿で開催される『ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展〜アリス、あるいは快楽原則』の図録が8月28日に一般書籍としても発売されます。遠くて会場には足を運べない方や、行くかどうか迷っている方はこの書籍を先にチェックしてみるのも良いかもしれません。

▼ヤン&エヴァシュヴァンクマイエル展 アリス、あるいは快楽原則
発売:8月28日 
発行:エスクァイア マガジン ジャパン

【ヤン・シュヴァンクマイエル関連の書籍&DVD発売情報】
▽【8/28発売・関連書籍】ヤン・シュヴァンクマイエルx江戸川乱歩『人間椅子』出版
▽【8/22・DVD発売】ヤン・シュヴァンクマイエル『ルナシー』。PREMIUM BOXも。

【関連イベント】
▽【8/25-9/12・原宿】シュヴァンクマイエル展@ラフォーレミュージアム原宿
▽【8/25・新宿】シュヴァンクマイエル氏と語ろう@朝日カルチャーセンター
▽【8/27・武蔵美】シュヴァンクマイエルの魔術的世界

【※過去の展示の関連サイト】
▽造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 幻想の古都プラハから
図録:GAUDIA 造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル―幻想の古都プラハから

【関連】
▽【エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー】Eva Svankmajerova
▽【ヤン・シュヴァンクマイエル】Jan Svankmajer

▼チェコの絵本【kulička-クリチカ-】チェコ絵本専門のネットショップ
▽エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー回顧展図録[2006]
【エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー】Eva Svankmajerova


チェコ関連情報 | 【固定リンク】 | - | trackbacks(0)
 
 

【9/4・広尾】[シュヴァンクマイエルのキメラ的世界]と[日比谷カタン]をチェコセンターに於いて鑑賞する悦楽共犯者たち。

9月4日に広尾チェコセンターでヤン・シュヴァンクマイエルのドキュメンタリー映画『シュヴァンクマイエルのキメラ的世界』と、日比谷カタンさんの生演奏を同時に体験できるスペシャル・イベントが開催されます。


▼[シュヴァンクマイエルのキメラ的世界]と[日比谷カタン]を2007年9月4日(火)チェコセンターに於いて鑑賞する悦楽共犯者たち。
▽場所:チェコ共和国大使館 映写室 >>>アクセス
▽日時: 9/4(火) 開場18:00 開演19:00〜21:00
▽参加費: 1500円 (*要予約)

▽内容:
▼ドキュメンタリー映画「シュヴァンクマイエルのキメラ的世界」上映
▼日比谷カタン ギター弾き語りライブ
(*チェコビールのサービス / 関連書籍・DVD・CD物販有)

チェコの芸術家/シュルレアリスト/映像・造形作家として世界的に高い評価を得ているヤン・シュヴァンクマイエル。そして、シュヴァンクマイエルからの影響を公言しつつ、独自の表現に昇華させ、世界に活動の場を広げつつある日本の表現者、日比谷カタン。
来る2007年9月4日チェコセンターに於いて、シュヴァンクマイエルのドキュメント映画と日比谷カタンの生演奏に対峙していただく特別なイベントを開催いたします。
チェコと日本、両国の異色の表現者の特異な感性のぶつかり合いを皆様の五感で感じてください。
(『http://www.geocities.jp/qulwa/chimeres-katan.html#info』より)

▼予約/お問い合わせ→詳細


【シュヴァンクマイエル関連イベント&ニュース】
▽【8/22・DVD発売】ヤン・シュヴァンクマイエルの『ルナシー』など
▽【8/25・新宿】シュヴァンクマイエル氏と語ろう@朝日カルチャーセンター
▽【8/25-9/12・原宿】シュヴァンクマイエル展@ラフォーレミュージアム原宿
▽【8/28・book】ヤン・シュヴァンクマイエルx江戸川乱歩『人間椅子』出版

【関連】
【エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー】Eva Svankmajerova
ヤン・シュヴァンクマイエルのDVD
ヤン・シュヴァンクマイエル関連書籍

▼チェコの絵本【kulička-クリチカ-】チェコ絵本専門のネットショップ
▼【エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー】Eva Svankmajerova


チェコ関連情報 | 【固定リンク】 | - | trackbacks(0)